Home > スポンサー広告 > AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/97-3f89a772
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発

Home > バイオ関連ニュース > AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発

AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発

スポンサード リンク
サトウキビ バイオエタノール 燃料
Biotechnology Japanよりですが、米Texas AgriLife Researchの研究チームは、2008年8月25日、土壌水分の蒸発散量を75%まで減らしても、100%の場合と同等のサイレージ収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発したそうです。

遺伝子組み換えだと思われるので、食品としてではなくバイオエタノール用に使うのですかね

【関連記事】
   ゴルフ場の芝からバイオエタノール
   バイオ燃料は逆にCO2排出量を増やす?!

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/97-3f89a772
AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > AgriLife Research、 75%の水量で通常レベルの収量が得られる干ばつ耐性トウモロコシを開発

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。