Home > スポンサー広告 > 京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/94-ff06e362
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制

Home > バイオ関連ニュース > 京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制

京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制

スポンサード リンク
 京都大学大学院医学系研究科の武藤誠教授らとスイスNovartis Pharma社の研究チームは、リン酸化酵素阻害剤エベロリムス(商品名は「サーティカン」)が家族性大腸ポリポーシスのマウスモデルで、消化管のポリープ形成を抑制したと発表した。このようなマウスのポリープではmTORC1経路が活性化されてmTORたんぱく質の発現が増大していた。

【引用元】Biotechnology Japan

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/94-ff06e362
京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 京都大学、Novartis社、免疫抑制剤がマウスモデルで家族性大腸ポリープを抑制

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。