Home > スポンサー広告 > 遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/84-ddb883ef
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大

Home > iPS細胞関連 > 遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大

遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大

スポンサード リンク
 増殖能力が高く、身体のあらゆる細胞に変わるため、万能細胞と呼ばれるヒトの胚(はい)性幹(ES)細胞に遺伝子を導入するのに使う「アデノウイルスベクター」を改良し、遺伝子を操作する効率や正確さを大幅に引き上げることに、埼玉医科大の三谷幸之介教授や京都大の中辻憲夫教授らが26日までに成功した。論文は米科学アカデミー紀要の電子版に掲載される。
 この技術は、ヒトES細胞を神経や心筋、肝臓などの細胞に効率良く分化させたり、遺伝性疾患の原因遺伝子を導入して新薬の効き目や副作用を早く調べたりするのに役立つと期待される。 

最近iPS細胞についての関連ニュースが多いように思います。

それだけ最先端であり、技術の確立に向けて進んでいるということの現れでしょうが、いまのままでは技術の進歩だけで倫理問題は解決していないという事態に陥っていますね。

それだと技術が確立したのに、倫理的に使うことができないかもしれないという患者さんへの不安があると思います。

【関連記事】 万能細胞による再生医療に役立つデータベース公開 阪大
        親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/84-ddb883ef
遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大 from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > 遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。