Home > スポンサー広告 > 汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/8-bf633625
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された

Home > バイオ関連ニュース > 汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された

汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された

スポンサード リンク
BioTodayによるとブタの腸を使わずに化学酵素合成によって安全なヘパリンを合成する方法が開発されたそうです。このヘパリンというのは抗凝固薬の一つであり、血栓塞栓症や播種性血管内凝固症候群 (DIC) の治療、人工透析体外循環での凝固防止などに用いられる薬です。今年3月10日に製品の一部からヘパリンに似た異物の混入によりメーカー自主回収となっていました。詳しくはこちら

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/8-bf633625
汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 汚染の心配がない安全なヘパリンを大量生産しうる方法が開発された

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。