Home > スポンサー広告 > 言語遺伝子の進化論

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/66-636d274d
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 言語遺伝子の進化論

Home > バイオ関連ニュース > 言語遺伝子の進化論

言語遺伝子の進化論

スポンサード リンク
熱心なミュージシャンのオーケストラをイメージする、 無能な指揮者のおかげで、 不快きわまりない音しか作らない

KE家として知られているイギリスの家族によって直面されていた問題に感謝し始めています。家系のおよそ半分は言語において障害を持っています。彼らは文法、書くこと、読むことに障害がありますが、何よりも、彼らは、なめらかなスピーチに必要な口の運動を調整しにくいです。
単一の遺伝子突然変異のおかげで、命令が伝わりません、そしてその結果は言語が操れなくなるのです。 2001年に、遺伝学者が FOXP2という遺伝子における変異を調査しました。その結果 通常、 FOXP2は他の遺伝子の表現を調整しますが、KE家の影響を受けるメンバーでは、それは壊れていました。

長い間言語には遺伝学の何らかの基礎があると疑われていましたが、FOXP2がその第一歩です。

引用元 英語ですがNew Scientist

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/66-636d274d
言語遺伝子の進化論 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 言語遺伝子の進化論

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。