Home > スポンサー広告 > アイシテル~海容~原作コミック前編・後編

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/621-c7350f1c
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > アイシテル~海容~原作コミック前編・後編

Home > 小説 > アイシテル~海容~原作コミック前編・後編

アイシテル~海容~原作コミック前編・後編

スポンサード リンク

最近見ているドラマの一つに、『アイシテル~海容~』がある。(日本テレビ系列・毎週水曜22:00 - 22:54 公式HP:http://www.ntv.co.jp/aishiteru/)

自分自身が親に育ててもらっている子供という立場であるため、毎週水曜日にテレビの前で母親が感じた子育ての苦悩を話してもらっている。

今までにテレビ番組を見て感動したことがなかった私は、この番組にだけは感動した。それはやっぱり「苦悩の中でも私を育ててもらった」ということがドラマを通して感じられるからだろう。

そこで、原作にも目を通してみることにした。

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
伊藤 実 講談社
おすすめ度の平均: 4.0
5 母のための作品かな?3 展開が速すぎる4 ぜひ 手にとって読んで頂きたい4 おすすめです。1 30代2児の父
アイシテル~海容 後編 (2)
伊藤 実 講談社
おすすめ度の平均: 4.5
4 造られた子ども達?4 ラストがどう??5 平凡な一日に感謝4 もしも我が身に起こったら。5 この人(伊藤実氏)は昔…。
カラフルな動画を写すテレビほど白黒のコミックスでは感動しなかった。自分のペースで読めるコミックスでは、作者の意図通りに感情移入が起こらなかったのだ。今までテレビというメディアに対しては、「自分のペースで情報を得られないから、時間あたりに得られる情報量は少なく、つまらないメディアだ。」と、思っていたが、感情移入の点で言うならばなかなか感情が乗らない私みたいな人にすら効果のある「使えるメディア」だと思った。原作とドラマとはストーリーが同じなので、感受性の高い方なら充分感動できるのだと思う。最近、小説を読んでいないのでドラマの原作からでも小説に触れていこうかな。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/621-c7350f1c
アイシテル~海容~原作コミック前編・後編 from バイオ やばいぉ・・・

Home > 小説 > アイシテル~海容~原作コミック前編・後編

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。