Home > スポンサー広告 > アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/60-a3bbf0ce
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

Home > 糖尿病関連 > アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

スポンサード リンク
アジレント・テクノロジーズ・インク(社長兼CEO:ビル・サリバン、本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、NYSE:A、日本法人:アジレント・テクノロジー株式会社)は、英国サンガー研究所を中核とするウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアム (WTCCC) が、その世界最大のゲノムコピー数変異(CNV)研究プロジェクトにおいて、アジレントのマイクロアレイを標準とすることをお知らせします。この研究プロジェクトは、広範なヒト疾患の遺伝的要因を調べることを目的として計画されています。試料はアジレントのマイクロアレイの公認サービスプロバイダの一つである、英国Oxford Gene Technology 社(OGT)で分析されます。導入金額は非公開です。

WTCCCの第1段階では、人類遺伝学をリードする24人の著名な遺伝学者の共同作業により、結核冠状動脈性心臓病、Ⅰ型およびⅡ型糖尿病リウマチ様関節炎クローン病双極性障害自己免疫性甲状腺疾患強直性脊椎炎多発性硬化症乳癌、および高血圧の疾病感受性に影響を及ぼす遺伝的変異を同定するために19,000を超える各疾患患者DNAサンプルを分析しました。この研究は、サンガー研究所、ケンブリッジ大学およびオックスフォード大学を含む英国全土の多くの研究所で実施されました。

 今回、このプロジェクトの次の重要なステップとして、アジレントはCNVに焦点を置いたカスタム全ゲノムアレイを設計します

引用元 アジレント テクノロジーズ インク プレスリリース

Comments:0

コメント欄

Home > 糖尿病関連 > アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。