Home > スポンサー広告 > 海外発表、ドイツDuisburg-Essen大学など、アクリルプラスチック用メタクリル酸メチルの原料のバイオ合成が視野に

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/587-9b1f1068
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 海外発表、ドイツDuisburg-Essen大学など、アクリルプラスチック用メタクリル酸メチルの原料のバイオ合成が視野に

Home > バイオ関連ニュース > 海外発表、ドイツDuisburg-Essen大学など、アクリルプラスチック用メタクリル酸メチルの原料のバイオ合成が視野に

海外発表、ドイツDuisburg-Essen大学など、アクリルプラスチック用メタクリル酸メチルの原料のバイオ合成が視野に

スポンサード リンク

ドイツDuisburg-Essen大学とドイツHelmholtz環境研究センターの研究チームは2008年11月13日、アクリルガラスとして知られるポリメタクリル酸メチル(PMMA:polymethyl methacrylate)を糖やアルコール、脂肪酸などの天然由来原料から作ることができる鍵となる新しい酵素を発見したと発表した。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20057863
アクリルガラスというと幅60cmにも及ぶ水族館の水槽のガラスを連想する。
あれがバイオ合成できるかもってことか。

Comments:0

コメント欄

Home > バイオ関連ニュース > 海外発表、ドイツDuisburg-Essen大学など、アクリルプラスチック用メタクリル酸メチルの原料のバイオ合成が視野に

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。