Home > スポンサー広告 > 貝殻ゲノムが生んだ環境ビジネス、京大の豊原准教授、貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用した凝集沈殿剤開発

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/584-709e8531
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 貝殻ゲノムが生んだ環境ビジネス、京大の豊原准教授、貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用した凝集沈殿剤開発

Home > バイオ関連ニュース > 貝殻ゲノムが生んだ環境ビジネス、京大の豊原准教授、貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用した凝集沈殿剤開発

貝殻ゲノムが生んだ環境ビジネス、京大の豊原准教授、貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用した凝集沈殿剤開発

スポンサード リンク

京都大学大学院農学研究科海洋生物機能学の豊原治彦准教授は、2008年11月7日に開催されたバイオビジネス2008inびわ湖の中で、貝殻を利用した凝集沈殿剤を開発したことを紹介した。貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用して汚水中から混濁物を絡め取って沈殿させるもので、廃棄物の有効利用として注目できそうだ。http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20057887

あれ? 「汚水中から混濁物を絡めて沈殿させる」って結局廃棄物自体は分解されないのか。
それを有効利用していいのかな

Comments:0

コメント欄

Home > バイオ関連ニュース > 貝殻ゲノムが生んだ環境ビジネス、京大の豊原准教授、貝殻内のくも糸類似たんぱく質を利用した凝集沈殿剤開発

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。