FC2ブログ

Home > バイオ関連ニュース > 理研、JST、炭素同位体で動植物など代謝経路全体を網羅的に観察する解析法を開発

理研、JST、炭素同位体で動植物など代謝経路全体を網羅的に観察する解析法を開発

スポンサード リンク
 理化学研究所、植物科学研究センター、先端NMRメタボロミクスユニットの菊池淳ユニットリーダー、近山英輔技師らの研究チームは、13C安定同位体で代謝経路中の炭素原子を幅広く標識化し、1Hと13C安定同位体炭素、さらに13C が2つ結合した分子の様子をNMRを用いて追跡することにより、得られた情報を1つの平面内にレイアウトし、描画する新手法を開発した。シロイヌナズナ培養細胞とカイコで、実際に生体内での代謝反応の全体像を描画することに成功した。2008年11月25日のPLos ONE オンライン版に発表した。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20057896

なににつかえるんだろう・・・ まだまだ無知だな><

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/582-234657d1
理研、JST、炭素同位体で動植物など代謝経路全体を網羅的に観察する解析法を開発 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 理研、JST、炭素同位体で動植物など代謝経路全体を網羅的に観察する解析法を開発

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top