Home > スポンサー広告 > NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/577-d4f61cd9
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始

Home > バイオ関連ニュース > NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始

NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始

スポンサード リンク
Biotechnology Japan 2008 11 24より

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、約2万2000といわれるヒト全遺伝子の約70%に相当する約1万5000種に対応するヒト Gatewayエントリークローンを作製し、2008年11月24日から研究者などへの実費配布を開始した。研究成果の詳細は、Nature Methods誌08年12月号(11月24日3時公開解禁)で発表する。このようなヒト遺伝子のたんぱく質発現リソースは中国や米国で整備が進んでいるが、今回NEDOが構築したヒトGatewayエントリークローンは、世界最大規模だ。


このGateway エントリークローンという言葉については開発元のInvitrogen社のWebサイトによると

制限酵素やDNAリガーゼを用いず、インビトロにおける大腸菌ゲノムDNAとラムダファージDNAの部位特異的組換え反応を利用したDNA組換え技術である。ヒトGateway®エントリークローンと発現ベクター(デスティネーションベクター)との間の部位特異的組換えによって、容易に発現クローンを作製することができる。ヒトGateway®エントリークローンはタンパク質をコードするORFの両端にこの部位特異的組換え配列を付加したクローンで、タンパク質合成のための中心的なタンパク質発現リソースである。

とのことです。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/577-d4f61cd9
NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > NEDO、1万5000種対応のヒトGatewayエントリークローンの実費提供を開始

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。