Home > スポンサー広告 > 米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/566-695a346b
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者

Home > バイオ燃料関連 > 米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者

米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者

スポンサード リンク
technobahnより
本ブログの記事:米エネルギー省と米農務省、バイオ燃料用の植物原料の研究に1000万ドル拠出へでもお伝えしたように、アメリカではバイオ燃料などの石油燃料の代替えエネルギーを政府が支援していますが、これについてある研究者が再生可能エネルギーの導入を進めても必ずしもCO2ガス抑制などの地球温暖化防止にはつながらないと反論したそうです。

 この発表を行ったのは米マサチューセッツ工科大学(MIT)のマイケル・ホーガン研究員。

 研究員によると、全米の各州で進められている再生可能エネルギーの導入は、"短期的"に数値目標を達成するために、太陽光発電、洋上風力発電、地熱発電といった技術的に発展途上のものよりも、より簡単な地上型風力発電施設の導入に向かう傾向が強い、とした上で風力発電の場合、発電が時刻や季節によって発電量に偏りが生じるため、風力発電だけの導入を行っても、火力発電所を置き換えることは困難であり、CO2削減の観点からは風力発電だけではなく、太陽光発電、洋上風力発電、地熱発電など、再生可能エネルギー全般に多様性を持たせた導入を計画するなどの長期的な視点が必要だと論じたそうです。

たしかにそうだと私もこの研究者の意見には賛成なので、政府はバラエティーに富んだ計画をした方がいいと思っています。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/566-695a346b
米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ燃料関連 > 米州政府の再生可能エネルギーの導入政策は近視眼的、米研究者

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。