Home > スポンサー広告 > 脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/564-44398c2e
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功

Home > バイオ関連ニュース > 脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功

脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功

スポンサード リンク
GIGAZINEよりです。
人間の脳を構成するニューロンですが、これらをいくつも組み合わせてコンピューター回路を作ることに成功したそうです。

ワイツマン科学研究所のエリシャ・モーゼズ氏とその研究生たちが成し遂げたもので、ワイヤーではなくニューロンを使用して、信頼できる回路を構築するニューロン成長パターンをコントロールする方法を開発したそうです。

この研究の出発点はセル反発力の材料で覆われたガラス板で、回路のパターンはこのコーティング内で構築され、セルにやさしい接着剤で覆われているとのこと。このプレート上ではセルは成長するための足場を構築することができないため、あらかじめ構築されたエリア内で成長するしかなくなるとのこと。こうやって描かれたパスを一方通行で成長するため、研究者達は2つの入力があったときに出力するだけのANDロジックゲートのように作用するデバイスを作ることができたそうです。

これがそのANDロジックゲートのように作用するデバイス
ANDロジックゲートのように作用するデバイス


これによって何が可能になるかというと、「脳細胞論理回路がコンピューターと神経系の間の仲介者を務めるかもしれない」としており、「人とマシンの間を接続する生体外のニューロンの中間層になる可能性がある」そうです。つまり、人間と機械とを接続し、ロボットの腕をコントロールすることなどができる可能性があります。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/564-44398c2e
脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 脳細胞でコンピューター回路を作成することに成功

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。