Home > スポンサー広告 > 親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/56-19bb1c92
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

Home > iPS細胞関連 > 親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

スポンサード リンク
 未熟な親知らずの歯の細胞から、増殖能力が高く、さまざまな細胞に変わる新万能細胞「人工多能性幹(iPS)細胞」を初めて作ったと、産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門(兵庫県尼崎市)の大串始主幹研究員が21日、東京大で開かれたシンポジウムで発表した。
 iPS細胞を将来、再生医療に応用する場合、移植に伴う免疫拒絶反応をできるだけ抑えるため、さまざまな白血球の型(HLA)をそろえたバンクを作っておくことが望ましい。
 iPS細胞を世界で初めて生み出した京都大の山中伸弥教授らは、採取しやすい皮膚細胞から作ったが、それでも多くの人から同意を得て皮膚細胞を集めるのは大変で、歯科で抜いて捨てられる親知らずを活用できれば、バンクを構築しやすくなるという。 

引用元 yahooニュース

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/56-19bb1c92
親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成 from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > 親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。