FC2ブログ

Home > iPS細胞関連 > 中国の研究者、ヒトiPS細胞作製効率を高めた

中国の研究者、ヒトiPS細胞作製効率を高めた

スポンサード リンク
Biotechnology Japanより
 北京大学と中日友好病院の29人から成る研究グループの成果です。
    OCT4、SOX2、KLF4、c-MYC
の4つの因子を用いていたヒトiPS細胞について、17種の因子を調べたところc-MYCの代替因子が見つかり、新たな4因子の組み合わせで再現性よく高確率でiPS細胞を作成できるようになったとのこと。

組み合わせはOCT4、 SOX2、KLF4と、UTF1あるいはp53siRNA。

 詳細は、11月第2週に発行されるCell Stem Cell誌電子版に掲載されるとのこと。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/552-d524c5de
中国の研究者、ヒトiPS細胞作製効率を高めた from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > 中国の研究者、ヒトiPS細胞作製効率を高めた

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top