Home > スポンサー広告 > ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/51-0ab85c16
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する

Home > バイオ関連ニュース > ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する

ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する

スポンサード リンク
多数のミツバチ、アリ、大型のハチは強い協力関係で結ばれた社会で共存している。これは主にこの生活様式が便利であるためではなく、ファミリー遺伝子の伝承に適しているためであることが、新しい研究で示された。繁殖能力のない働きバチや働きアリが、群れにわずかしかいない繁殖能力のある個体の子を世話するといった「真社会性」社会にみられる「利他主義」は、長い間、進化のうえで謎とされてきた。今回William O. H. Hughes率いる英国およびオーストラリア出身の研究者グループは、真社会性昆虫であるミツバチ、大型のハチ、アリ267種のメスの交尾行動を比較した。Hughesらの報告によると、古い種ではすべて一夫一婦制であった。まれに複数の雄と交尾をする雌の種が確認されたが、それは最近になって進化したものであった。この研究結果により、一夫一婦制ひいては高い近縁性が真社会性の進化の鍵であったという説が裏付けられた。このため、「血縁選択説」の推測とおり、真社会性という協力体制はおそらく、血縁関係にある個体が共通して所有する遺伝子の一部を後世に確実に伝えられるようにする手段として進化したと推測される。

引用元 Science

文献
"Ancestral Monogamy Shows Kin Selection Is Key to the Evolution of Eusociality," by W.O.H. Hughes at University of Leeds in Leeds, UK; B.P. Oldroyd; M. Beekman at University of Sydney in Sydney, NSW, Australia; F.L.W. Ratnieks at University of Sussex in Brighton, UK.

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/51-0ab85c16
ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > ミツバチや大型のハチは群れ内で遺伝子を伝承する

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。