Home > スポンサー広告 > セロトニンが突然死に関係する

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/48-7b144d63
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > セロトニンが突然死に関係する

Home > バイオ関連ニュース > セロトニンが突然死に関係する

セロトニンが突然死に関係する

スポンサード リンク
研究者らによると、成長期にあるマウスではセロトニンホルモンを調節する脳受容体の過度な自己抑制が原因で死に至るケースが散発的に発生し、その症状はヒトの乳幼児突然死症候群(SIDS)に似ているという。米国では1歳未満児の死因の第1位はSIDSである。長い間、セロトニン欠乏症がそのリスク要因ではないかと疑われてきた。しかし、一部のSIDS患者でHtrlaという特定のセロトニン受容体の減少が注目されてはいたものの、その欠乏症の原因は現在まで特定されていなかった。Enrica Auderoらはマウスを用いて、このHtrlaを過剰発現させ、セロトニン受容体が増加したマウスの大半が成長期の特定期間にSIDSに似た症状で死亡することを突き止めた。これらの研究結果はセロトニンの調整不全が明らかにマウスの死因であることを示唆しており、このマウスはSIDSの新しい診断および予防法の確立に有用なモデルになり得ると、Auderoらは述べている。

引用元:Science
文献
"Sporadic Autonomic Dysregulation and Death Associated with Excessive Serotonin Autoinhibition," by E. Audero, T. Rossetti, M.A. Banchaabouchi, and C. Gross at European Molecular Biology Laboratory in Monterotondo, Italy; E. Coppi, B. Mlinar, R. Corradetti at University of Florence in Florence, Italy; A. Caprioli at Laboratory of Behavioural Neuropharmacology in Pomezia, Italy.

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/48-7b144d63
セロトニンが突然死に関係する from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > セロトニンが突然死に関係する

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。