FC2ブログ

Home > ゲノム研究の歴史 > 遺伝子解析技術の発展

遺伝子解析技術の発展

スポンサード リンク
いろいろな生きものの遺伝子の働きを研究するためには、生きものから取り出したDNAを手軽に切ったりつなげたり増やしたりできる技術が必要です。1972年の組み換えDNA法を始めとして、次々と革新的な研究方法が開発されました。

■1972年 組み換えDNA技術の開発 バーグら
■ 1973年
    l
  1977年
DNA塩基配列決定法の開発 サンガー、ギルバートら
■1977年 ウイルスゲノム初解読!
ФX174ファージのゲノムDNA配列を決定 サンガーら
■1983年 PCR法の開発 マリスら

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/457-ffdbec11
遺伝子解析技術の発展 from バイオ やばいぉ・・・

Home > ゲノム研究の歴史 > 遺伝子解析技術の発展

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top