Home > スポンサー広告 > 遺伝子システムの理解

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/456-9df7c06a
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 遺伝子システムの理解

Home > ゲノム研究の歴史 > 遺伝子システムの理解

遺伝子システムの理解

スポンサード リンク
遺伝子DNAはどのように親から子へ伝わり、細胞の中で働いているのか?この謎を解く突破口となったのは、 DNAの二重らせん構造の解明です。20世紀の半ばには、 DNAが正確に複製される仕組みや、DNAの情報をもとにタンパク質が作られる仕組みがほぼ解明されました。それらの仕組みが大腸菌から人間まであらゆる生物に共通であるという事実は、新しい生命の見方(生命観)を生み出しました。

■1953年 DNA二重らせん構造の解明 ワトソンとクリック
■1957年 DNAの半保存的複製の証明 メセルソンとスタールら
■1961年 最初の遺伝暗号の解明 ニーレンバーグら

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/456-9df7c06a
遺伝子システムの理解 from バイオ やばいぉ・・・

Home > ゲノム研究の歴史 > 遺伝子システムの理解

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。