Home > スポンサー広告 > ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/345-d90311de
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出

Home > バイオ関連ニュース > ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出

ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出

スポンサード リンク
Biotechnology Japanより
ノーベル賞の有力候補に審良静男・大阪大学免疫学フロンティア研究センター拠点長、大阪大学微生物研究所教授(生体防御研究部門)が選ばれたそうです。

この候補者というのはノーベル賞級殿堂入り研究者を意図する「トムソン・ロイター引用栄誉賞」の受賞者が2008年10月1日(米国時間)、米Thomson Reuters社サイエンティフィック・ビジネス部門が発表されたことによります。
審良静男・大阪大学免疫学フロンティア研究センター拠点長、大阪大学微生物研究所教授(生体防御研究部門)は4年連続でホッテストペーパーリサーチャーに選ばれており、「トール様受容体と先天免疫の研究」というトピックの3人の研究者のうちの1番目に選ばれたそうです。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/345-d90311de
ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > ノーベル賞有力候補研究者を米Thomson Reuters社が発表、審良静男・阪大教授を選出

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。