FC2ブログ

Home > バイオ関連ニュース > 思春期に行為障害を発現した男児もコルチゾール反応低下を示す

思春期に行為障害を発現した男児もコルチゾール反応低下を示す

スポンサード リンク
BioTodayより
行為障害(行動障害)を有する反社会的な小児や思春期若者は基礎コルチゾールレベルやストレスに対するコルチゾール応答の低下を示す事が報告されています。このような現象がより早期に行為障害を発現した若者に限定されるのかどうかは不明です。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/344-f173882e
思春期に行為障害を発現した男児もコルチゾール反応低下を示す from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 思春期に行為障害を発現した男児もコルチゾール反応低下を示す

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top