FC2ブログ

Home > バイオ関連ニュース > スタチンはDNA修復を促して動脈硬化プラークの安定化を促進しうる

スタチンはDNA修復を促して動脈硬化プラークの安定化を促進しうる

スポンサード リンク
BioTodayより
コレステロールを下げるHMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)はHdm2リン酸化・NBS-1安定化・より速やかなATMやH2AXのリン酸化を介してDNA修復を促すと分かったそうです。

【関連記事】
スタチンで筋萎縮性側索硬化症リスクは上昇しない

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/324-e2b3a78f
スタチンはDNA修復を促して動脈硬化プラークの安定化を促進しうる from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > スタチンはDNA修復を促して動脈硬化プラークの安定化を促進しうる

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top