Home > スポンサー広告 > 第2回(4/27)  講義&実習

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/308-ce0d678e
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 第2回(4/27)  講義&実習

Home > スーパーバイオサイエンスプログラム(SBP) > 第2回(4/27)  講義&実習

第2回(4/27)  講義&実習

スポンサード リンク
この日は基礎実習として言語機能にかかわっている遺伝子である"FOXP2遺伝子"について学習しました。

この遺伝子は言語発達能と関連づけられています。そしておもしろいことに、ヒトのFOXP2遺伝子の塩基配列と言葉の話せないチンパンジー、オランウータン、ゴリラ、マウスの塩基配列と比較してみると、

チンパンジーとは3箇所、オランウータンでは3箇所、ゴリラとは2箇所、マウスでは4箇所

とかなり似通っている事がわかります。このことからヒトへと進化した際に、特別に得た形質なんじゃないかと考えるとおもしろいですね。
FOXP2図:FOXP2タンパク質モデル 出典:Wikipedia

当時はかなりびびっていましたが、これらについて実際に論文を "みました"(読めなかったです TT)。

そのあと大学生の先輩からデータベースの利用方法や学術的な研究方法についての講義を受けました。

そしていよいよチーム実習のためのチーム決め。

これは冨田教授から今熱い研究テーマを3つ提示していただいて、その中から自分の好きな研究を選びました。
これら3つのテーマに関しては参加してのお楽しみということで(笑)
ただ、どのテーマを選んでもおもしろいです^^選ぶのに悩むくらいでした。

追記:2008年12月14日 FOXP2タンパク質モデルの画像を追加

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/308-ce0d678e
第2回(4/27)  講義&実習 from バイオ やばいぉ・・・

Home > スーパーバイオサイエンスプログラム(SBP) > 第2回(4/27)  講義&実習

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。