Home > スポンサー広告 > 若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/304-3b809160
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い

Home > バイオ関連ニュース > 若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い

若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い

スポンサード リンク

BioToday より

20歳になる前に携帯電話を使用し始めた人はグリオーマ(神経膠腫)や聴神経腫瘍を発現するリスクが5倍以上高いことを示唆した試験結果が発表されました。

ただリスクが5倍といっても元々の発病率は数%程度ならそこまで危険なものではないので、どこかの元大臣ではありませんが、「あまり、じたばた騒がな」くて大丈夫です。

<病気の詳細>

神経膠腫は脳にできる腫瘍の中では25.2%(4人に1人)という腫瘍です。また30~40代の壮年に発生することが多いようです。

聴神経腫瘍は耳から脳へつながる内耳神経に腫瘍ができる病気ですが、なぜ腫瘍ができるのか?の理由は未だ解明されていません。

現在、年間およそ1000人の人が、この病気を発症していると報告されています。

以前ですが、どこかの記事でケータイ電話から発せられる電磁波?(記憶があやふやで申し訳ありません。)による影響で精子の質が悪くなるという研究結果が発表されたとありました。

上の意見と矛盾するようですが、ケータイ電話というのは身近にいつもあるものだけに、影響が大きくなくても気になることですね。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/304-3b809160
若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 若い頃から携帯電話を使用している人は脳腫瘍のリスクが高い

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。