Home > スポンサー広告 > クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/301-2b24941e
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。

Home > バイオ関連ニュース > クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。

クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。

スポンサード リンク

technobahn より

米食品医薬品局(FDA)は、クローン牛による牛肉や乳牛が既に市場に流通している可能性があると発表した。

しかもやっかいなことに市場で販売されている牛肉や牛乳がクローン牛によるものか、そうでないかを一般消費者が見分けることは不可能だとも発表。

  FDAは今年の1月にクローン牛安全宣言を行い、クローン牛による牛肉や乳牛を市場に供給することを許可していたが、大手企業はクローン牛の扱いは自粛していたため、クローン牛普及はまだ先だとFDAは考えていたみたいです。

 この結果、米国内の消費者は知らず知らずのうちにクローン牛の牛肉や牛乳を口にしていた可能性があります。

 クローンと聞くとプラスなイメージが浮かばない方もいらっしゃると思いますが、クローン技術を用いた場合、食肉牛や乳牛コンテストで優勝した優秀な牛を大量に複製することが可能になるため、クローン牛団体という組織は、普及に向けた啓蒙活動を進めていたみたいです。

日本でも食に関する偽装が多く取り上げられてますが、アメリカでもその流れのようです。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/301-2b24941e
クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > クローン牛は既に一般市場で流通している可能性がある。

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。