Home > スポンサー広告 > 「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/299-8b93666b
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s

Home > バイオ関連ニュース > 「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s

「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s

スポンサード リンク

アルツハイマーに罹患したマウスの脳をスキャンしたところ、この疾患の症状に関与する「過活性」ニューロンのクラスが存在することが明らかになった。この「過活性」ニューロンは罹患した脳のアミロイド斑(プラーク)沈着周辺で最も密集して存在しており、この存在はてんかん性発作の増加を裏付けていると考えられる。Marc Aurel Buscheらは二光子カルシウムイメージング(two-photon Ca2+ imaging)を用いてアルツハイマー病マウスの脳活性を継続的にモニターし、半数ものニューロンが正常な範囲を超えた(遅すぎる場合もあり早すぎる場合もあり)発火を行っていることを発見した。Buscheらはこの過活性の原因が、正常なニューロン発火を引き起こすCa2+放出の変動ではなくシナプス抑制の障害にあるのではないかと述べている。また、アミロイド斑周辺に存在する発火速度が速い過活性ニューロンは相関的に発火し発作のリスクを上昇させており、この新たなアルツハイマー病マウスモデルはアルツハイマー病の治療の開発に今後新しい発想をもたらすと述べている。

"Clusters of Hyperactive Neurons Near Amyloid Plaques in a Mouse Model of Alzheimer’s Disease," by M.A. Busche; G. Eichhoff; H. Adelsberger; A. Konnerth; O. Garaschuk at Technische Universität München in Munich, Germany; D. Abramowski; K.H. Wiederhold; M. Staufenbiel at Novartis Institutes for Biomedical Research in Basel, Switzerland; C. Haass at Ludwig-Maximilians-Universität Müchen in Munich, Germany; A. Konnerth; O. Garaschuk; MA. Busche; G. Eichhoff; H. Adelsberger; C. Haass at Center for Integrated Protein Science in Munich, Germany; O. Garaschuk at Insitute of Physiology II in Tübingen, Germany.  

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/299-8b93666b
「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 「過活性」のニューロンがアルツハイマーに関与か “Hyperactive” Neurons Implicated in Alzheimer’s

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。