Home > スポンサー広告 > 1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/296-13a63cf2
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する

Home > バイオ関連ニュース > 1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する

1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する

スポンサード リンク

BioToday より

73カ国の20万人以上の6-7歳の小児のデータを解析したところ、生後1年間のアセトアミノフェン(パラセタモール)使用と6-7歳時点での喘息・鼻結膜炎・喘鳴リスク上昇が関連しました。

【関連記事】

成人初期の喘息発現は幼少期の喘鳴などの特徴に起因している

妊娠中の食事で子の喘息リスクが上昇しうる

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/296-13a63cf2
1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 1歳までのアセトアミノフェン使用と小児喘息リスク上昇が関連する

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。