Home > スポンサー広告 > 遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/292-304a0d9c
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る

Home > バイオ関連ニュース > 遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る

遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る

スポンサード リンク

asahi.com より

米食品医薬品局(FDA)は、遺伝子組み換え(GE)家畜を食用にする検討を始めているそうです。現在、GE食品としてはトウモロコシや大豆が実用化されています。

 このGE動物というのは、本来のDNAに別の生物のDNA断片などを人工的に組み込み、新しい性質を加えたもの。

食用としては、病気になりにくいニワトリ、医薬品成分を含む乳を出す牛などが想定されています。

 ただ、GE家畜は「コピー」であるクローンと違い、特別な性質が加わっているため、「医薬品」とみなされているそうです。

 遺伝子組み換え動物のガイドライン案公開

この件に関連してFDAは指針案を公開しました。

現在翻訳中です^^::

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/292-304a0d9c
遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 遺伝子組み換え家畜を食用に 米当局が検討、意見募る

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。