Home > スポンサー広告 > 関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 -

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/284-396493ba
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 -

Home > バイオ関連ニュース > 関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 -

関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 -

スポンサード リンク
a34312dec2b874ffe650d31b1d9be02d.jpg

20代から50代の女性に多く、手足の関節に激痛がはしり、日常の作業を気楽にこなせず、つらい生活を強いられる病気である関節リウマチ。 関節リウマチの原因解明に一歩となる研究結果が発表されました。
以下理化学研究所プレスリリースより

この病気の原因は体質や免疫、環境などさまざまですが、原因の1つに遺伝的要因が有ることがわかってきました。遺伝子配列のわずかな違いによって、疾患にかかりやすい遺伝子型があり、疾患リスクが高まることが明らかとなっています。
 理研ゲノム医科学研究センター疾患関連遺伝子研究グループの自己免疫疾患研究チームは、東京大学大学院医学研究科と協力し、遺伝子のわずかな違い(1塩基多型:SNP)を使って相関解析を実施し、関節リウマチの原因が、遺伝子「CD244」のSNPであることを発見しました。このSNPを持っていると、関節リウマチの発症リスクが最大1.5倍に高まることや、他の自己免疫疾患の1つである全身性エリテストーデスでも同じような相関があることがわかりました。関節リウマチの感受性遺伝子としては、すでに「PADI4」、「SLC22A4」、「FCRL3」がみつかっていますが、 発見した「CD244」遺伝子は、免疫細胞のNK細胞でも発現しており、さまざまな免疫細胞に重要な役割を持つと考えられます。このため、さまざまな自己免疫疾患の病態解明にも役立つと注目されます。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/284-396493ba
関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 - from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 関節リウマチの新たな原因遺伝子「CD244」を発見 - 関節リウマチの原因解明に新たな一歩 -

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。