Home > スポンサー広告 > ES細胞とiPS細胞の違い

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/278-2f20cb29
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ES細胞とiPS細胞の違い

Home > iPS細胞関連 > ES細胞とiPS細胞の違い

ES細胞とiPS細胞の違い

スポンサード リンク
ES細胞
【メリット】
・理論的にはどんな細胞にも分化できる。
【デメリット】
・不妊症の治療でいらなくなった受精卵を使うのだが、受精卵は将来人となりえるので、倫理的問題がある。
・他人の細胞であるため移植時には拒絶反応の心配もある。

iPS細胞
【メリット】
・ES細胞と同じく、理論的にはどんな細胞にも分化できる。
・受精卵を使わなくていいので倫理問題がES細胞より軽い
・もともと自分の細胞なので、遺伝子を入れ替える必要がない 同じ理由で拒絶反応が起こりにくい。
・日本人の研究の成果である。
【デメリット】
・iPS細胞の作成時にウイルスを使って遺伝子を送り込むのですが、これだと成功率が悪い&ガン化した異常な細胞ができる可能性があり、人に使うのはまだ安全でない。
・まだなぜ初期化したのかがわかっていない。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/278-2f20cb29
ES細胞とiPS細胞の違い from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > ES細胞とiPS細胞の違い

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。