Home > スポンサー広告 > ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた!

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/275-4c378545
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた!

Home > iPS細胞関連 > ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた!

ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた!

スポンサード リンク
BioTodayより
胚性幹細胞(ES細胞)はiPS細胞と異なり、他人の細胞であるので移植の際に拒絶反応が出るデメリットがありましたが、その問題は解決できそうです。

引用元によると胚性幹細胞(ES細胞)由来のCD45+造血幹細胞(HPC)をマウスに移植したところは免疫抑制剤なしで体内に定着でき、HPCが定着したキメラマウスにこのHPCと遺伝子組成が同じ心臓を移植したら拒絶反応は生じなかったという結果が出ています。

今度iPS細胞とES細胞の違いをまとめた記事を配信しようと考えています。

【関連記事】
iPS細胞、日本国内で初の特許成立
抗生物質でヒトiPS細胞を100倍以上効率的に作成可能に。
iPS細胞とES細胞の違いがよくわかる、iPS細胞―再生医療への道を切り開く 人工多能性幹細胞 (ニュートンムック Newton別冊)

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/275-4c378545
ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた! from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > ES細胞から作った移植臓器の拒絶反応が防げた!

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。