Home > スポンサー広告 > 肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/255-00f86610
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

Home > 糖尿病関連 > 肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

スポンサード リンク
GIGAZINEより
イギリスで肥満についての研究を行っている科学者が、肥満を治すための薬を5年以内に実用化すると主張しているそうです。効果は空腹感をコントロールすることで、2型糖尿病にも効果があるとのこと。

現在試験では肥満解消薬は体内に注射するものだそうですが、錠剤タイプにする予定もあり、将来的には誰も肥満に悩まされることがない日が来るのかもしれないですね.


ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが開発しているのは、ホルモン量を調整して空腹感を止める薬。彼らは肥満治療のための胃バンド手術(胃を縛って食べる量を調節する)を研究することで、空腹ホルモンと呼ばれる「グレリン」などのグルコース調整に関わるホルモンのコントロール方法を発見したとのこと。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの臨床科学者であるRachel Batterham博士は、「私たちの体重は、腸にある空腹感を調整するホルモンによってコントロールされている。体重調整用の手術はこれらのホルモン量にも影響を及ぼす。私たちはこのホルモン量の変化を薬で再現しようとしている」と話しています。

人体試験もすでに始まっているそうで、研究チームが開発した薬を使った被験者は空腹感が減少したとのこと。現在試験的に使っている薬は1日3回の注射を必要とするそうですが、最終的には錠剤タイプの薬にできると考えられているそうです。

Batterham 博士と共同研究を行っているインペリアル・カレッジ・ロンドンのCarel Le Roux博士は「私たちの開発した薬は5年以内に既存の手術に代わるものとなるだろう。体重が落ちた後、元に戻ってしまうような人にはダイエットや生活習慣についてアドバイスしても効果がない。病的肥満に対する唯一の処置は手術だが、さらに多くの手術を行うべきかは調査する必要がある。我々の社会では肥満手術を受けた人間を見下す傾向にあるが、現在効果的な治療は手術しかない」と語っています

【関連記事】
米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見
運動神経の悪い子供は大人になってから肥満になりやすい
遺伝的に肥満化しやすい人も運動すれば太らない

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/255-00f86610
肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい from バイオ やばいぉ・・・

Home > 糖尿病関連 > 肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。