Home > スポンサー広告 > 遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/233-c7bdcef0
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

Home > バイオ関連ニュース > 遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

スポンサード リンク
yahooニュースより
BSE(牛海綿状脳症)の病原体である異常プリオンが、遺伝子の変異によって牛の体内で作られ、発症につながる例もあることが、米農務省国立動物病センターなどの研究で分かりました。
いままでは、肉骨粉と牛用代用乳などによる外部からの感染による発症が知られていました。

この結果から、ユルゲン・リヒト現カンザス州立大教授は「BSEがないと言われているどの国でも、この病気は発生しうる」と指摘しています。
 
 人間にも同じタイプの変異が知られ、遺伝性のクロイツフェルトヤコブ病(CJD)を引き起こす可能性があります。

そもそもこのBSE(牛海綿状脳症)とは、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気。
この病気が発症した牛は、当初は痙攣を起こしたりする程度で目立った症状は現れないが、やがて音や接触に対して過敏な反応をするようになり、病状がさらに進むと運動機能に関連する部位も冒されて立てなくなるなどの症状を示す。
日本での発生原因は、肉骨粉と同時に牛用代用乳が疑われている。

出典Wikipedia

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/233-c7bdcef0
遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。