Home > スポンサー広告 > 理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/215-85f48c20
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明

Home > バイオ関連ニュース > 理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明

理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明

スポンサード リンク
理化学研究所プレスリリースより
独立行政法人理化学研究所は、脊椎動物の初期胚が常に一定の大きさで脳組織を発生させる機構を明らかにしました。脳の発生を促進する神経誘導因子として知られる「Chordin(コーディン)」*1の量を新規のタンパク質因子が自動的に調整し、その因子の作用で神経誘導活性が一定に保たれるというものです。発生・再生科学総合研究センター細胞分化・器官発生研究グループの笹井芳樹グループディレクター、猪股秀彦研究員を中心とした研究グループの成果です。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/215-85f48c20
理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 理化学研究所、 脳を一定の大きさに発生させる自動調節機構を解明

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。