Home > スポンサー広告 > 夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加 

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/213-8c65e562
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加 

Home > バイオ関連ニュース > 夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加 

夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加 

スポンサード リンク
YOMIURI ONLINEより
スーパー特区 国に申請へ

 がんに効く飲み薬や花粉症の特効薬など〈夢の治療薬〉の開発に向け、大阪府の旗振りで、北大阪の大型開発地「彩都」(茨木市、箕面市)の研究機関や大阪大、京都大などがバイオ関連の共同研究グループを作った。国が公募する「先端医療開発特区(スーパー特区)」に申請する。
・・・

 スーパー特区は政府が2008年度、先端医療の研究開発を促すために創設した。12日までに応募し、採用されると、予算配分や新薬の審査・承認手続きで優遇される。対象は大学や企業に限られ、自治体は申請主体になれない。このため彩都をバイオ産業の集積地とする戦略を掲げる府は、担当職員らをコーディネート役として企業や大学に派遣、バイオや製薬分野の研究者らに参加を要請した。

 この結果、彩都の独立行政法人「医薬基盤研究所」や阪大医学部(吹田市)、京大再生医科学研究所(京都市)など計5研究機関がグループに加わることが決まった。研究目標は▽極めて副作用の小さいがんの抗体医薬品▽リウマチや多発性硬化症といった免疫系難病や花粉症の特効薬――などの開発で、約5年間で結果を出すことが求められる。

 相乗効果を生み出すために、各機関の研究成果や情報を相互に交換する。スーパー特区は10月上旬に決まる見込み。

 このスーパー特区構想について、橋下徹知事は3日午前、上京し、二階経済産業相に「関西という視点で考えている。採択をお願いします」と直接、要望。二階経産相は「関西は医療産業の集積が進んでいる。(全国の)見本になるような形でと考えている」と応じた。

【関連記事】
先端医療特区の認定要望 橋下知事、経産省など訪問
大阪府、バイオ振興に熱気、大阪バイオ応援団発足、9月8日には大阪バイオ戦略発表へ

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/213-8c65e562
夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加  from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 夢の治療薬開発・・・大阪府の旗振りで京大、阪大も参加 

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。