Home > スポンサー広告 > マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/211-c410ea23
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法

Home > iPS細胞関連 > マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法

マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法

スポンサード リンク
毎日jpより
マウスの精巣を凍らせて薄く切った切片から、精子の核を取り出して卵子と受精させ子供に育てることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の若山照彦チームリーダー、大田浩研究員(発生生物学)らが成功した。生殖能力を損なわず大量の精子を簡単に保存する新方法として、生殖細胞を多数扱う基礎研究の現場で注目されそうだ。

 新しい方法は、マウスの精巣を凍らせた後、約25マイクロメートルの厚さにスライスして薄いフィルムの上に乗せ、そのまま写真用アルバムのようなものにとじてマイナス30度で保存する。

 解凍の際は培養液の中にフィルムを入れて溶かすだけ。凍った精巣の細胞は既に死んでいるが、培養液の中にはDNAを含む細胞の核がはがれ落ちてくるため、核を卵子の中に注入する「卵細胞質内精子注入法」(顕微授精法)で受精させる。実験の結果、凍結1年後に解凍、受精させても正常なマウスが生まれた。

 従来は、精巣からあらかじめ精子を取り出し、凍結保存液に入れて小さな碁石のような形に凍らせたり、ストロー状のチューブに入れて冷凍庫に保存するケースが多かった。若山さんは「大量の精子保存のため多くの研究室が冷凍庫のスペース不足に悩んでいる。新方法なら保存スペースは4分の1以下にできるだろう」と話している。

理化学研究所の関連施設にバイオリソースセンターという実験用のマウスなどを保存している施設があるので、保存の分野に強いみたいですね。

【関連記事】
ヒトiPS細胞がバイオリソースセンターへ到着

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/211-c410ea23
マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法 from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > マウスの精子保存:精巣スライス、アルバム状に凍結 理研が新方法

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。