Home > スポンサー広告 > 致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/197-59a997d0
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers

Home > バイオ関連ニュース > 致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers

致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers

スポンサード リンク
新たに行われた2件の研究で、最も致死率の高いがんである多形性膠芽腫(最も多い脳腫瘍のタイプ)および膵臓がんに、正常な細胞を変化させる役割を担っていると思われるゲノムの変化が詳述された。特定のゲノムの変化はそれぞれのがんの腫瘍毎に異なるが、両研究から、一連の細胞信号経路および調節過程に異常が生じ、がん発症につながることが明らかになった。D. Williams Parsonsらは、ヒト膠芽腫22例のサンプルから採取した20000個以上の蛋白質コード遺伝子の配列を分析し、突然変異を検出した。さらに複製された遺伝子の数など、遺伝子発現パターンに腫瘍特有の変化が認められるかを調べた。その結果、遺伝子に影響を与えている様々な変化を発見したが、これらはこれまで腫瘍には無関係であると考えられていたものであった。IDH1という遺伝子はいわゆる「二次性膠芽腫(secondary glioblastoma)」で突然変異を起こす傾向があり、低いグレードの腫瘍や若年患者の腫瘍で起こる。今回、小規模研究で腫瘍にIDH1の突然変異を持つ患者の生存期間が長いことが明らかになったことから、IDH1遺伝子はスクリーニングや治療の際の有用な臨床マーカであると考えられるが、この結果については大規模な分析で確認される必要がある。もうひとつの研究では同じ科学者の研究グループが膵臓がんの遺伝子構造を調べた。膵臓がんは通常かなり進行した段階で発見されることが多いため、現在利用できる治療法はほとんどない。Sian Jonesらが同じゲノム戦略をヒトの膵臓腫瘍24例に適用したところ、70~100パーセントの腫瘍で12の要となる一連の細胞信号経路および調節過程がそれぞれ遺伝子学的に変化していることがわかった。このことからこれら経路の異常が膵臓腫瘍の発達する主な原因であることが示唆される。著者らは、「治療薬開発の最も有望な道は、各個人の遺伝子要素よりむしろ経路や過程における変化がもたらす生理学的作用をターゲットとした薬剤の発見にあるのではないか」と、締めくくっている。
【関連文献】
"An Integrated Genomic Analysis of Glioblastoma Multiforme," by D.W. Parsons; S. Jones; X. Zhang; J.C-H. Li; R.J. Leary; P. Angenendt; L.A. Diaz, Jr.; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Ludwig Center for Cancer Genetics and Therapeutics in Baltimore, MD; D.W. Parsons; S. Jones; X. Zhang; J.C-H. Li; R.J. Leary; P. Angenendt; L.A. Diaz, Jr.; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Howard Hughes Medical Institute in Baltimore, MD; D.W. Parsons; S. Jones; X. Zhang; J.C-H. Li; R.J. Leary; P. Angenendt; L.A. Diaz, Jr.; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Johns Hopkins Kimmel Cancer Center in Baltimore, MD; D.W. Parsons at Baylor College of Medicine in Houston, TX; P. Mankoo; H. Carter; I-M. Sui; G. Gallia; A. Olivi; G.J. Riggins; R. Karchin at Johns Hopkins Medical Institutions in Baltimore, MD; R. McLendon; B.A. Rasheed; S. Keir; H. Yan; D.D. Bigner at Pediatric Brain Tumor Foundation in Durham, NC; R. McLendon; B.A. Rasheed; S. Keir; H. Yan; D.D. Bigner at Preston Robert Tisch Brain Tumor Center at Duke University Medical Center in Durham, NC; T. Nikolskaya at Vavilov Institute for General Genetics in Moscow, Russia; Y. Nikolsky at GeneGo, Inc. in St. Joseph, MI; D.A. Busam; H. Tekleab; R.L. Strausberg at J. Craig Venter Institute in Rockville, MD; J. Hartigan; D.R. Smith at Agencourt Bioscience Corporation in Beverly, MA; S.K.N. Marie; S.M.O. Shinjo at University of São Paulo School of Medicine in São Paulo, Brazil

"Pathways Underlying Pancreatic Tumorigenesis," by S. Jones; X. Zhang; D.W. Parsons; J.C-H. Lin; R.J. Leary; P. Angenendt; J.R. Eshleman; S.E. Kern; R.H. Hruban; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at The Sol Goldman Pancreatic Cancer Research Center in Baltimore, MD; S. Jones; X. Zhang; D.W. Parsons; J.C-H. Lin; R.J. Leary; P. Angenendt; J.R. Eshleman; S.E. Kern; R.H. Hruban; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Ludwig Center for Cancer Genetics and Therapeutics in Baltimore, MD; S. Jones; X. Zhang; D.W. Parsons; J.C-H. Lin; R.J. Leary; P. Angenendt; J.R. Eshleman; S.E. Kern; R.H. Hruban; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Howard Hughes Medical Institute in Baltimore, MD; S. Jones; X. Zhang; D.W. Parsons; J.C-H. Lin; R.J. Leary; P. Angenendt; J.R. Eshleman; S.E. Kern; R.H. Hruban; N. Papadopoulos; G. Parmigiani; B. Vogelstein; V.E. Velculescu; K.W. Kinzler at Johns Hopkins Kimmel Cancer Center in Baltimore, MD; D.W. Parsons at Baylor College of Medicine in Houston, TX; P. Mankoo; H. Carter; H. Kamiyama; A. Jimeno; S-M. Hong; B. Fu; M-T. Lin; E.S. Calhoun; M. Kamiyama; K. Walter; M. Hildago; S.D. Leach; A.P. Klein; E.M. Jaffee; M. Goggins; A. Maitra; C. Iacobuzio-Donahue; J.R. Eshleman; S.E. Kern; R.H. Hruban; R. Karchin at Johns Hopkins Medical Institutions in Baltimore, MD; T. Nikolskaya at Vavilov Institute for General Genetics in Moscow, Russia; Y. Nikolsky at GeneGo, Inc. in St. Joseph, MI; J. Hartigan; D.R. Smith at Agencourt Bioscience Corporation in Beverly, MA.

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/197-59a997d0
致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 致死率の高いがん2種の原因をゲノムに基づき解明 Genomic Insights into Two of the Deadliest Cancers

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。