Home > スポンサー広告 > 若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/188-1d58d77e
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された

Home > バイオ関連ニュース > 若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された

若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された

スポンサード リンク
BioTodayより
ゲノム全域連鎖解析により、小児期発症炎症性腸疾患(IBD)と関連する20q13と21q22上の遺伝子座が同定されました。
【関連記事】
神経芽腫はALK遺伝子の変異が主因

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/188-1d58d77e
若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 若年性IBDと関連する新たな遺伝子座が同定された

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。