Home > スポンサー広告 > 慶応大学、生物は自身のゲノムにあるトランスポゾンと戦うためにもRNAiを活用、内在性遺伝子に対するsiRNA作用も確認

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/185-456c10a6
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 慶応大学、生物は自身のゲノムにあるトランスポゾンと戦うためにもRNAiを活用、内在性遺伝子に対するsiRNA作用も確認

Home > バイオ関連ニュース > 慶応大学、生物は自身のゲノムにあるトランスポゾンと戦うためにもRNAiを活用、内在性遺伝子に対するsiRNA作用も確認

慶応大学、生物は自身のゲノムにあるトランスポゾンと戦うためにもRNAiを活用、内在性遺伝子に対するsiRNA作用も確認

スポンサード リンク
Biotechnology Japanより
shiomiharuo080904.gif
多細胞生物の外来性ウイルス感染防御機構として認識さえているRNA干渉現象(RNAi)だが、慶應義塾大学のグループが、ゲノムに多数存在しているトランスポゾン(ゲノムを動き回る遺伝因子)の動きを封じるために重要な働きをしていることを明らかにした。2008年9月3日から5日、名古屋大学で開催された日本遺伝学会で発表した。siRNA医薬開発でも、生殖毒性など、トランスポゾンをオフターゲット効果の対象として意識しなくてはならない可能性もごく僅かだがあるだろう。マウスの生殖細胞で同様な結果を、国立遺伝学研究所のグループも突き止めている。

【関連記事】
ヌクレアーゼ耐性及びRNA干渉効果に優れた修飾型二本鎖RNA
Youtube-RNA干渉の解説動画(英語)

Comments:0

コメント欄

Home > バイオ関連ニュース > 慶応大学、生物は自身のゲノムにあるトランスポゾンと戦うためにもRNAiを活用、内在性遺伝子に対するsiRNA作用も確認

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。