Home > スポンサー広告 > ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/174-c7e27dab
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表

Home > バイオ関連ニュース > ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表

ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表

スポンサード リンク
Biotechnology JapanよりhouseshokuhinImaiKamoi.gif
ハウス食品ソマテックセンター(千葉県四街道市)は、RNAi技術を用いてタマネギの催涙成分の含量を抑制し、健康機能成分を増やすことに成功、2008 年夏に相次いで論文発表した(Plant Physiol. 2008 Aug;147(4):2096-106. Epub 2008 Jun 26.、Plant Biotechnol Rep(2008)2:199-206)。6年前(02年)にNature誌に発表した成果をもとに、ニュージーランド(NZ)の研究機関および大学と共同で研究を発展させた(写真左は、論文著者であるハウス食品ソマテックセンター研究主幹の今井真介・農学博士、右はNZに2年在住して研究した同センター鴨井享宏氏)。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/174-c7e27dab
ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > ハウス食品がRNAiでタマネギの催涙成分を抑制、NZ研究機関との成果を相次ぎ論文発表

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。