Home > スポンサー広告 > 男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/159-b20bb78a
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

Home > バイオ関連ニュース > 男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

スポンサード リンク
yahooニュースより
男性の結婚生活の成否に影響を与える遺伝子が、スウェーデン・カロリンスカ研究所などの研究で見つかった。
 この遺伝子には様々な型があり、うち1種類を持つ男性は、結婚が危機にひんした経験のある人が多かった。この成果は、近く米科学アカデミー紀要に発表される。

 この遺伝子「AVPR1A」は、バソプレッシンというホルモンを脳内で受け止める物質をつくる。

 スウェーデンで成人約2000人について調べた結果、この遺伝子が「334」という型の男性は、妻に不満を持たれている割合が高く、過去1年間に離婚など結婚生活が破たんしたか、その恐れのあった人の割合が、他の型の男性の2倍以上だった。女性は遺伝子型の影響がみられなかった。

将来この遺伝子を調べて、この離婚のリスクが高まる型の場合の結婚を拒否するという流れができてしまうのですかね。
ただ元々の離婚が「3組に1組」といわれているので、それの2倍とは7割方離婚しやすいということで、この遺伝子の解析結果に関する扱いも含めて追っていきたいと思います。

【関連記事】
メディビックグループ、遺伝子検査による個人向け健康管理サービスを強化

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/159-b20bb78a
男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 男性の“離婚遺伝子”発見、「破たん」か「危機」が2倍

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。