Home > スポンサー広告 > クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/150-81ca4cdf
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見

Home > バイオ関連ニュース > クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見

クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見

スポンサード リンク
extract.jpg
毎日.jpより
赤外線で光合成を行う葉緑素「クロロフィルd」が海や湖の堆積(たいせき)物(泥)に幅広く含まれることを、海洋研究開発機構と京都大の研究チームが発見した。クロロフィルdはわずかしかないと考えられてきたため、地球表層の光エネルギー利用の常識を覆す結果だという。

 研究チームはベーリング海、東京湾、琵琶湖、南極の塩湖など9水域で、海中の藻類やプランクトンの死骸(しがい)が含まれる底の泥を採取し分析したところ、すべての水域の泥からクロロフィルdが検出された。


このクロロフィルというのは、植物の葉や藻類などが持っていて、光合成の際、光エネルギーを吸収する役割を果たす。
aからdまでの4種類があり、dは1996年、ホヤに共生するシアノバクテリアの一種から初めて見つかった。しかし、限られた海域にしかないとされてきたので今回の発見は常識を覆す結果になったそうです。
【画像提供】東京大学HP

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/150-81ca4cdf
クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > クロロフィルd:海や湖に幅広く 赤外線で光合成、海洋機構・京大発見

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。