Home > スポンサー広告 > iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/149-e8c83aff
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研

Home > iPS細胞関連 > iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研

iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研

スポンサード リンク
受精卵 iPS ES
yahooニュースより
新型万能細胞(iPS細胞)を利用して、マウスの体内で膵臓(すいぞう)を作製することに、東京大医科学研究所の中内啓光教授らが成功した。

 研究が進んで、糖尿病患者のiPS細胞を作製し、動物の体内で膵臓を作らせることができれば、移植医療に使える可能性もある。

 実験では、膵臓の形成に必要な遺伝子を持たないマウスを使った。膵臓が欠損したこのマウスの受精卵を数日間培養。胚盤胞まで育った段階で、正常な遺伝子を持つマウスから作ったiPS細胞を注入した。その後、胚盤胞を代理母の子宮に移植し、誕生したマウスを調べたところ、膵臓が出来ていた。

 膵臓には、インスリンを分泌するベータ細胞も含まれ、血糖値を正常に保つ機能があることを確認した。注入したiPS細胞が、欠損するはずだった膵臓を補完したとみられる。

 研究チームは、別の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)を使い、マウスの膵臓や腎臓を作ることにも成功している。今後、サルやブタで人間の臓器が作製できるか確かめる計画だ。

 動物の体内で移植用の臓器を作製する試みは、難病患者に福音となる可能性がある一方、未知の感染症に侵される恐れも指摘されている。


再生医療に関してマウスでの成功例が慶応大学からも届いてます。よかったらお読みください。

【関連記事】
マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策
親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成
万能細胞による再生医療に役立つデータベース公開 阪大
日本生殖再生医学会、ヒトiPS細胞から生殖細胞作る研究についての提言を09年1月にも発表予定

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/149-e8c83aff
iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研 from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > iPS細胞でネズミの膵臓作製に成功…東大医科学研

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。