Home > スポンサー広告 > 細菌同士のおしゃべり

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/146-073931d6
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 細菌同士のおしゃべり

Home > バイオ関連ニュース > 細菌同士のおしゃべり

細菌同士のおしゃべり

スポンサード リンク
多くの細菌がクオラムセンシングによって細胞同士で連絡を取り合い、集団の大きさに応じて遺伝子発現を制御できるようにしている。これにかかわるシグナル分子は通常はアシルホモセリンラクトン(アシル-HSL)で、組み込まれた脂肪酸アシル基によって特異性が生じ、一連の異なったシグナル受容体を介してそれぞれ異なる遺伝子群に作用する。これまではこのようなシグナルは少数しか知られていなかったが、光合成細菌Rhodopseudomonas palustrisで新しい種類のHSLが発見され、このようなシグナルがもっと数多く存在する可能性が示唆された。この細菌は脂肪酸HSLシンターゼとよく似た酵素を使って、細胞内に貯蔵された脂肪酸ではなく環境中のp-クマル酸からp-クマロイル-HSLを合成する。この菌にはp-クマロイル-HSLに応答するシグナル受容体があり、全体的な遺伝子発現を調節する。他の細菌にもp-クマロイル-HSLを合成するものがあることから、細菌種内で連絡が行われている可能性がでてきた。
【アブストラクト】
   http://www.nature.com/nature/journal/v454/n7204/abs/nature07088.html
【全文】
   http://www.nature.com/nature/journal/v454/n7204/full/nature07088.html

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/146-073931d6
細菌同士のおしゃべり from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 細菌同士のおしゃべり

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。