Home > スポンサー広告 > マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/136-621a3d3c
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

Home > iPS細胞関連 > マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

スポンサード リンク
NIKKEI NETより
 慶応大の岡野栄之教授らの研究グループは、マウスの「胚(はい)性幹細胞」(ES細胞)から、様々な種類の神経細胞を作り分ける培養法を開発した。この神経細胞をマウスに移植したところ、神経が正常に働いた。人間のES細胞や新型万能細胞(iPS細胞)にも応用できる見通しで、病気や事故などで傷ついた神経の移植治療への応用が期待される。

 29日付の米科学誌ステム・セルズ(電子版)に掲載された。

 開発した培養法では、ES細胞にレチノイン酸やたんぱく質などを入れ、8種類の神経に作り分けた。低濃度のレチノイン酸を使うと、目や顔、のどなどの筋肉を支配する神経になる神経幹細胞になった。また高濃度のレチノイン酸を混ぜると、最終的に手を動かす神経細胞になった。

【関連記事】
インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子
第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策
遺伝子導入用ウイルスを改良=ヒトES細胞の操作が容易に-埼玉医科大と京大
親知らずの歯から新万能細胞=再生医療用バンクへ利用期待-産総研が初作成
万能細胞による再生医療に役立つデータベース公開 阪大
日本生殖再生医学会、ヒトiPS細胞から生殖細胞作る研究についての提言を09年1月にも発表予定

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/136-621a3d3c
マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法 from バイオ やばいぉ・・・

Home > iPS細胞関連 > マウスES細胞、神経細胞作り分け 慶大グループが培養法

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。