Home > スポンサー広告 > 木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/135-72d3bec3
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設

Home > バイオ関連ニュース > 木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設

木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設

スポンサード リンク
河北新報社よりサトウキビ バイオエタノール 燃料
独立行政法人森林総合研究所(茨城県つくば市)は29日、秋田杉の間伐材などを原料とした木質バイオエタノールの製造施設を北秋田市内に建設し、秋田県立大や東大、早大などと共同で、バイオエタノール燃料の製造実証事業に取り組むと発表した。

 同市坊沢の市有地に、森林総研が約7億円をかけて、本年度内に製造プラントを建設する。バイオエタノール製造の効率化を目指し、2012年度まで、大学と連携しながら技術試験や製造施設の改良を進める。

 原料は、地元林業者から秋田杉の間伐材などを買い取って確保する。木材チップに水酸化ナトリウム水溶液を加えて煮沸する「アルカリ蒸解・酵素法」によってエタノールを抽出。原材料1トン当たり250リットルのバイオエタノール生産と、1リットル当たり100円の生産コストの実現を目指す。

 実証事業が終了する13年度以降、北秋田市は同施設を活用した木質バイオ燃料事業の展開を目指したい考え。市産業部は「地域の林業振興も期待できる事業。施設が将来、県北部の木材化学産業の拠点となるように、関係機関と連携を深めたい」と説明している。

 事業は、林野庁の森林資源活用型ニュービジネス創造対策事業の一環。北秋田市は、施設の活用策も視野に入れたバイオマスタウン構想の策定も予定している。


【関連記事】
バイオ燃料は逆にCO2排出量を増やす?!

米エネルギー省と米農務省、バイオ燃料用の植物原料の研究に1000万ドル拠出へ
ゴルフ場の芝からバイオエタノール
2025年時点で一次エネルギーの5%をバイオマスに、石油依存度を20%に減らしたいインドネシア政府が国家目標
バイオエタノールに勝るエコ燃料! “牛糞ガス”が地球を救う?

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/135-72d3bec3
木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 木質バイオエタノール 森林総研、北秋田に実証施設

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。