Home > スポンサー広告 > 理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/125-821b38e5
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見

Home > バイオ関連ニュース > 理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見

理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見

スポンサード リンク
Biotechnology Japanより
 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、85℃という高温で生育し、進化の起源に近いと考えられる高度好熱菌サーマス・サーモフィラス HB8株(T. thermophilus HB8)※1を「原子分解能で細胞全体の生命現象を理解するためのモデル生物」として利用し、新規転写因子「SdrP(Stationary-phase Dependent Regulatory Protein)」を発見しました。この転写因子は、増殖の定常期に発現量が増加し、飢餓や酸化ストレスなどに対抗するための14個の遺伝子の発現を制御していました。これは、理研放射光科学総合研究センター(石川哲也センター長)放射光システム生物学研究グループ(倉光成紀グループディレクター)の上利佳弘リサーチアソシエイト、新海暁男チームリーダーらが「高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト※2」で行った研究成果です。

プレスリリースはこちら

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/125-821b38e5
理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 理化学研究所、 生命に危機が迫ると機能する、高度好熱菌の新規転写因子を発見

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。