Home > スポンサー広告 > 米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/114-30405ccf
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見

Home > バイオ関連ニュース > 米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見

米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見

スポンサード リンク
中国国際放送局 日本語部経由ですが、ドイツメディアの報道によると、
アメリカの研究者が、脂肪組織のタイプを決める「スイッチ」を発見したということです。人間の肥満とやせを決定するもので、この「スイッチ」をコントロールすれば、ダイエットのための食事制限は必要なくなります。
 アメリカの研究者は、哺乳動物に異なるタイプの脂肪細胞があり、その源は異なり、体内で担っている働きも異なることを発見。褐色脂肪細胞は人体が摂取したり蓄積したりした脂肪を燃焼させ、一方、白色脂肪細胞は脂肪の蓄積を担当しています。
 研究チームの成果について、スウェーデンのストックホルム大学の研究者は「褐色脂肪は白色脂肪の変化体というよりも、脂肪を蓄えた筋肉細胞である。褐色脂肪細胞の形成過程を研究すれば、肥満患者を治療できる方法を見出す可能性がある」と話しています。  

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/114-30405ccf
米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。