Home > スポンサー広告 > 特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/110-1854ab3b
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い

Home > バイオ関連ニュース > 特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い

特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い

スポンサード リンク
BioTodayより
授乳中の多くの女性が産後の痛みに対してコデインを服用しています。その幼児は中枢神経系抑制のリスクが高いそうです。
このコデインはCYP2D6によって体内でモルヒネに代謝変換されるそうです。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/110-1854ab3b
特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 特定の遺伝子型を有する授乳中のコデイン服用女性の幼児は中枢神経系抑制のリスクが高い

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。