Home > スポンサー広告 > 第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/104-828be950
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > 第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策

Home > バイオ関連ニュース > 第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策

第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策

スポンサード リンク
asahi.comより
成功の可能性は低くてもうまくいけば大きな成果が得られる「ハイリスク研究」を盛んにするため、文部科学省は、研究費助成の審査で採用されなかった提案を、もう一度別の審査員が選び直す「敗者復活」方式を来年度から導入する方針だ。現行の審査方式の枠を超え、人の新型万能細胞(iPS細胞)作りのような革新的な研究を掘り起こすのが狙い。

 研究費助成の審査では、見込める成果が重視されがちで、野心的な研究が選ばれにくくなっているとの指摘がある。このため、文科省は今年度からハイリスク研究を選ぶ資金枠を新設した。だが、米国や中国は法律で推進を定めるなど力を入れており、政府の総合科学技術会議はさらに「大挑戦枠」を強化するよう各省庁に求めている。

 野心的、挑戦的提案を募っても、審査員の評価がそろうものを選ぶ限り、どうしても無難なものが勝ち残りがち。かといって、ある審査員が独断と偏見で選べば、ほかの研究者から不平不満が出る。

 そこで出てきたのが敗者復活方式。まずは1件1千万円程度の個人研究への助成に導入し、20件程度採用する考えだ。文科省は「一度落ちるのが前提なので、提案側も審査側も『多少、異端でも構わない』と思い切りがよくなるはず」と期待を込める。

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/104-828be950
第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策 from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > 第2のiPS細胞探せ、ハイリスク研究に文科省振興策

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。